楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/19 11:15

消費増税前に絶対やってはいけない3つのこと

※写真はイメージです(写真=iStock.com/takasuu)
※写真はイメージです(写真=iStock.com/takasuu)
1989年、平成元年にスタートした消費税。当時の税率は3%でした。その後5%になり、8%に上がり、令和元年の今年、10%に増えようとしています。10%といえば、商品代金の1割ですから、いよいよ家計に重くのしかかる感じがしますよね。今回は、そんな消費税増税前の今、やってはいけないことを3つ、やるべきことと一緒にご紹介します。
やってはいけないこと1

■増税後を考えずに10月1日を迎える

いよいよ消費税が8%から10%になりますが、そもそも消費税が2%上がると、生活費はどれくらい増えるのでしょうか。

総務省「家計調査(2018年)」によると、2018年の二人以上の世帯の消費支出(生活のために出したお金)の平均は1カ月あたり28万7315円とのこと。これを一度税抜金額に戻して、改めて10%の税込金額を計算すると、29万2635円となります。

つまり、1カ月の消費支出は29万2635円から28万7315円を引いた5320円、1年にすると5320円×12カ月=6万3840円も増える計算になるのです(軽減税率は考慮せず)。こう見ると、2%増でもけっこう大きいですよね。増税後を考えずに10月1日を迎えてしまっては、生活が守れなくなってしまう可能性大! ですから、これを機に一度、家計全体を見直してみることをおすすめします。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >