楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/09/23 06:15

歴史から学ぶ、一番失敗しにくい投資法とは

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Kengo-Matsuura)
※写真はイメージです(写真=iStock.com/Kengo-Matsuura)
本誌夏号から前回まで投資やバブルについてお話してきました。これまでの内容を基に、また投資スタイルが多様化してきた現代の事情を踏まえて、われわれが今後するべき投資の姿を考えてみたいと思います。

■歴史上の事例は、反面教師として学ぼう!

経済史から学べる教訓は、どうもみなさんが学ぶべきではない「反面教師」の事例のほうがはるかに多いようです。いくら世界一の大金持ちでも、ヘティ・グリーンみたいにケチでギネスに載るような生活はイヤですし、リバモアも成功と破産を繰り返し、最後は自ら命を絶っています。ケインズにも破産の危機はありましたし、日本のバブル期も、極端な浮き沈みの結果、破滅というイメージが強いのではないでしょうか。

参考までに、バブル期もっとも有名だった女性に“北浜の女相場師”尾上縫(おのうえ・ぬい)がいましたが、彼女は時流に乗っているときは、料亭の女将をしながら「占いと神のお告げ」で株式相場に勝ち続け、銀行からも数千億円単位の融資を受けていました。しかしバブル崩壊とともに没落し、最後は信金支店長と組んで預金証書を偽造したのがバレて、懲役12年の実刑判決を受けています。しかしながら、反面教師も「教師」です。彼らと同じ轍(てつ)を踏まないという教訓の中に、成功へのヒントが隠れているはずです。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

批判精神が旺盛。問題を解決する力は強いけれど、言葉がきつく...もっと見る >