楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/10/13 17:15

会社の個室トイレで「30分睡眠」のすごい効果

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Paul Bradbury)
※写真はイメージです(写真=iStock.com/Paul Bradbury)

■夜に寝たりない人はどうしたらいいか

熱帯夜が続くと、どうしても不眠気味になります。睡眠不足を補うために昼寝をするという人もいるでしょう。

「たとえ夜の睡眠時間が5時間と短くても、昼寝を3時間すれば合計8時間。健康上は問題ないはずだ」。こんなふうに睡眠時間を「夜と昼の足し算」でとらえるのは、医学的には正しいのでしょうか。

原則をいえば、人間は夜行性の動物ではありませんから、夜にまとめて眠ったほうがいい。人間の体には夜になると眠くなり、太陽が昇ると目が覚める「サーカディアンリズム(概日周期)」というものが備わっています。昼寝が長すぎるとこのサーカディアンリズムが崩れ、夜になっても眠れなくなったり、昼間に眠気に襲われたりしてしまう。だから昼寝のしすぎはよくないとされているのです。

ただし最近の研究では、夜の睡眠時間が削られない程度であれば、少しくらい昼寝をしても問題はないということが判明しています。

特に夜型の人は、昼寝は有効です。なぜなら、太陽が沈むと調子が出てくるので、どうしても寝る時間が遅くなってしまう。しかし、会社勤めをしていれば、否応なく早起きせざるをえなくて睡眠不足になりがち。夜型か朝型かは遺伝子によって決まっているので、これは変えようがない。ですから、夜型の自覚がある人は、昼寝をうまく取り入れて睡眠不足を少しでも解消しておきたいということです。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

交流会など、日頃出会えない人が集まる場に参加しよう。世界が...もっと見る >