楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/21 06:15

"32歳で初就活"の私を役員にした小さな習慣

※写真はイメージです(写真=iStock.com/PeopleImages)
※写真はイメージです(写真=iStock.com/PeopleImages)
一家全員無職という絶望のどん底にいた山田智恵さん。32歳で初めて就活したあと、転職、昇進、留学……とチャンスをつかんでいった。山田さんは毎日見つけたチャンスをノートに書く習慣が人生を変えたという。

1000個のチャンスが並んだノート

チャンスノートを書き始めて1年後、ノートに1000個ものチャンスが並んでいた頃に、新しい会社に転職し、その1年後には部長になり、ボストンにリーダーシップを学ぶために留学し、さらに1年後に外資系企業の社外取締役も務めていました。そして、ある人との出会いがあり、Instagramのマーケティングの本を日本で最初に出版できました。その本は、Amazonのいくつかのカテゴリーで1位をとったこともあります。

数年前まで「ザ・世間知らず」だった私からすると、まさか、自分にそんなことが起きるとは、思いもしなかったことばかり! ミラクルとしか言いようがありません。

1つ1つのチャンスを見返すと、ささいな出来事にしか見えません。むしろ、起きてほしくない出来事もたくさんありました。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >