楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/27 09:15

「正義マン」や「マナー警察」の老後が心配なワケ

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/SetsukoN
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/SetsukoN
正義を盾に有名人のマナーを批判する「マナー警察」。医学博士の奥村歩氏は、「そういった人々は、加齢で前頭葉の働きが低下してくると攻撃性が増し、孤立することになる」という——。(第5回/全5回)

※本稿は、奥村歩『「朝ドラ」を観なくなった人は、なぜ認知症になりやすいのか?』(幻冬舎)の一部を再編集したものです。

■芸能人のSNSをチェックして「不謹慎狩り」する人々

みなさん「不謹慎狩り」ってご存じですか?

大きな自然災害や事故が起こって社会全体に悲しみが広がっているようなとき、SNSの些細(ささい)な発言や悪気のない行動を「不謹慎だ」と決めつけて、容赦なく批判や誹謗中傷の言葉を浴びせるのを「不謹慎狩り」と呼ぶのだそうです。

言わば、「つらい思いをしている人たちがたくさんいるのに、コイツはなんて配慮のない発言をするんだ、けしからん」と執拗(しつよう)に叩(たた)くわけですね。

それに近頃は、芸能人や有名人のツイッターやフェイスブックが「炎上した」という話もよく耳にします。なかには、自分で“放火”して炎上させている人もいるようですが、大多数の場合は何の他意もなくつぶやいたひと言を見ず知らずの他人から「揚げ足」をとるようにクローズアップされ、ああだこうだと批判されたり叩かれたりしていることが多いようです。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >