楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/29 15:15

ANAが社員に「アートの鑑賞法」を学ばせるワケ

※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ivanastar
※写真はイメージです - 写真=iStock.com/ivanastar
組織にアートを採り入れる日本企業が増えてきた。そのうちANAは2017年から社員を対象に「西洋美術の楽しみ」というセミナーを開いている。『アート思考』(プレジデント社)の著者で東京藝大美術館長の秋元雄史氏は「アートとビジネスは深部で響き合う」という――。(第3回/全5回)

※本稿は、秋元雄史『アート思考』(プレジデント社)の一部を再編集したものです。

■アートを学んだアップル、Airbnb、スクエアの創業者

アメリカのビジネスシーンでアートに注目が集まった理由は、シリコンバレーなどで新たなビジネスを生み出して、成功を遂げてきた人々の多くがアートの素養を持ち合わせていたことと無関係ではありません。

アップルの創業者スティーブ・ジョブズは、文字のアート、カリグラフィーを学んでいたことで知られています。旧米ヤフー(現アルタバ)の元CEO、マリッサ・メイヤーが影響を受けたのは、画家である母親でした。

Airbnb(エアービーアンドビー)の創業者の一人、ジョー・ゲビアも学生時代にアートを勉強し、アクションカメラをヒットさせたGoPro(ゴープロ)の創業者、ニック・ウッドマンも視覚芸術を学んでいました。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事もプライベートも忙しく、中途半端で終わりやすい日。優先...もっと見る >