楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/12/05 06:15

芥川賞作家が語る"正義を疑わない人の残酷さ"

村田沙耶香さん
村田沙耶香さん
なぜ人肉を食べてはいけないの?――村田沙耶香さんの『生命式』(河出書房新社)は、「なんとなく当たり前」だと思っていた固定観念にゆさぶりをかけてくる短編集です。私たちが信じている「常識」は果たして本当に正しいのか? そう問いかけてくるような、グロテスクでありながらも、どこか滑稽な作品が12篇収録されています。芥川賞を受賞した『コンビニ人間』(文藝春秋)でも「普通」の中に潜む狂気を浮かび上がらせて話題を呼んだ村田さんに、常識にとらわれない発想の源についてお話を聞きました。

■世界を逆転させてみたい

――表題作の「生命式」は、死んだ人を食べながら男女が“受精”相手を探し、見つかったら退場して受精を行う「生命式」が国の奨励で行われている世界が舞台です。2013年に書かれたものだそうですが、執筆の動機は何だったのでしょうか?

村田沙耶香さん(以下、村田):デビューからずっと世界に対して違和感を持つ主人公を書いてきましたが、だんたんその世界そのものがあやふやに思えてきて、「逆転させてみたい」という気持ちになりました。現実とはまったく違う常識の中で、人が生殖し、普通に暮らしていて、主人公だけが読者と同じ価値感で物事を見ているような構図にしたいと思ったんです。

2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭でばかり考えようとすると、本当のことがわからなくなりそう...もっと見る >