2017/11/21 15:10

日本で仕事をするなら覚悟をしておくべき10のこと―中国メディア

20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本で仕事をするなら覚悟をしておくべきことについて紹介する記事が掲載された。写真は日本のサラリーマン。
20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本で仕事をするなら覚悟をしておくべきことについて紹介する記事が掲載された。写真は日本のサラリーマン。

2017年11月20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本で仕事をするなら覚悟をしておくべきことについて紹介する記事が掲載された。

その1つが、「時間厳守」することだ。日本人は時間を守ることを非常に重視しており、時間が早めなのは良いが遅刻は絶対に許されないとした。2つ目は「休みが取れなくても大丈夫な強健な体を作る」ことだ。日本では台風でも大雪でも通常通り出勤し、風邪をひいても同僚に迷惑がかかるので休まないとした。

3つ目は「何事もメールで上司に報告する忍耐強さ」だ。日本の職場では「報告」「連絡」「相談」の「ほうれんそう」が重視されており、上司との意思疎通は不可欠だと紹介した。4つ目は「酒を飲んでも酔わない強い肝臓」だ。「協調性を重視する日本の職場では、仕事が終わった後も酒の付き合いがあるためで、2次会、3次会と続くことも多い」とされている。

5つ目は「日本国籍を取る覚悟」だ。日本国籍がないことが出世に響くとし、この点で日本の職場には「見えないガラスの天井がある」と記事は指摘している。6つ目は「高い税金を支払うこと」だ。日本は給料が高いものの、支払うべき税金も高いと説明している。

7つ目は「いつでも読書をして成長し続けること」だ。日本では在職していても自分を訓練し、政治経済の動向を把握している必要があるという。8つ目は「ゴマすり」だ。記事は「空気を読んで上司にゴマをすることは職場での円滑な人間関係に必要」としている。

9つ目は「暗黙のルールを守り、協調性を重視すること」だ。「集団意識の強い日本ではこれは大切なことで、積極的に会社のことに参加しつつも出過ぎてはならない」と説明。最後は「会社のために死ぬ覚悟」だ。残業が多く、自殺者も出るほどであり、命を懸けて働く必要があるとした。(翻訳・編集/山中)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >