2017/12/28 08:20

世界中でほぼ韓国人しか食べない食材とは?=韓国ネット「人生損している」「食文化は歴史と関係が深いから…」

26日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「世界中で韓国人だけが好んで食べる食べ物」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーが関心を寄せている。写真はエゴマの葉が添えられた韓国の鍋料理。
26日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「世界中で韓国人だけが好んで食べる食べ物」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーが関心を寄せている。写真はエゴマの葉が添えられた韓国の鍋料理。

2017年12月27日、韓国のインターネット掲示板にこのほど「世界中で韓国人だけが好んで食べる食べ物」と題したスレッドが立ち、ネットユーザーが関心を寄せている。

スレッド主がまず紹介したのは「エゴマの葉」。日本でも最近「エゴマ油」などがメディアなどで話題になったが、韓国では油だけでなく葉もサンチュのように焼き肉の包み菜などとして食べられている。シソ科の植物で、見た目は青ジソとよく似ているが、シソとはまた違う独特のクセがあるのが特徴。

続いて紹介しているのは「コルベンイ」と呼ばれるサザエやタニシに似た巻貝。日本ではよく「つぶ貝」と訳されている。千切りの長ネギやそうめんなどと一緒に唐辛子やニンニクとあえて食べることが多く、焼酎やビールのおつまみにぴったりだ。

この二つの食べ物、スレッド主によると「食用として食べる国は韓国が唯一」だそうで、同じ東アジアでも日本や中国ではほとんど食べられていないという。世界の消費量の80%以上が韓国とのことだ。

これを受け、ネットユーザーからのコメントは「おかしいなあ。エゴマの葉は体にすごくいいのに」「あんなおいしいものを知らないとは、人生においてかなり損してる」「エゴマの葉+ニンニク+みそ+サムギョプサル=死ぬほどおいしい」「ああ、なんか食べたくなってきた」とその効用やおいしさを伝えるものが多い。

一方で「コルベンイは外国人が苦手に感じるらしい」と理解を示す声も上がっているが、「外国ではシソやエスカルゴを食べるじゃん」「コルベンイもエスカルゴと似たようなものじゃないの?」との反論も浮上。

中には、韓国で食べられるようになった背景について「食文化は歴史と関係が深い。(韓国は)貧しかったからあらゆる物を食べる」と分析するユーザーがみられた他、「それならポンデギ(蚕のサナギをゆでたり蒸したりして味付けしたもの)は?」「ナクチ(手長ダコ)は?」など別の食べ物の名前を挙げるユーザーもいた。(翻訳・編集/松村)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >