2017/11/18 23:40

日本と中国の「バス・トイレ」、どっちが快適?―中国メディア

16日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本のバス・トイレについて紹介する記事が掲載された。写真は日本のトイレ。
16日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本のバス・トイレについて紹介する記事が掲載された。写真は日本のトイレ。

2017年11月16日、中国のポータルサイト・今日頭条に、日本のバス・トイレについて紹介する記事が掲載された。

記事は、中国のバス・トイレは一般家庭でも臭うことが多く、公衆トイレに至っては言うまでもないと紹介。一方の日本のバス・トイレは非常にきれいで快適だという。ではどこが異なっているのだろうか?

記事によると、日本のバス・トイレの特徴の1つが「温水洗浄機能が付いていること」だ。そのため、日本のトイレには必ずコンセントが付いているとした。

2つ目の特徴は、バスとトイレが分かれていることだ。中国ではバス・トイレが一緒になっているところがほとんどだが、日本ではバス・トイレ、更衣室と完全に仕切られて別になっていると紹介した。

3つ目の特徴は「洗面台にシャワーホースがあること」ことだ。日本では多くの家についているが、中国ではまず見たことがない。

4つ目の特徴は、「浴槽があり、浴槽の水は再利用すること」だ。中国では浴槽のある家は少なく、シャワーだけで済ますところが多い。しかし日本にはどの家にも必ず浴槽があり、入浴後は洗濯水として再利用するという。

5つ目の特徴は、「防曇ミラー」があることだ。電熱式でくもらないようになっているのでコンセントが必要だが、風呂に入ってもくもらないので非常に便利だという。記事は最後に、日本のバス・トイレを中国と比べるとどう感じるだろうか、と問いかけているが、どちらが快適かは一目瞭然と言えるだろう。(翻訳・編集/山中)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かと目立つ今日のあなた。カリスマ的に見られがち。思いっき...もっと見る >