2017/11/23 22:50

韓国の抗中ドラマの荒唐無稽さに比べたら中国の抗日ドラマなんてまだマシだった―中国メディア

23日、中国メディアの陽光寛頻網にこのほど、韓国の「抗中ドラマ」の荒唐無稽さに比べたら中国の「抗日ドラマ」なんてまだマシだったとする動画が掲載された。写真は中国の抗日ドラマ。
23日、中国メディアの陽光寛頻網にこのほど、韓国の「抗中ドラマ」の荒唐無稽さに比べたら中国の「抗日ドラマ」なんてまだマシだったとする動画が掲載された。写真は中国の抗日ドラマ。

2017年11月23日、中国メディアの陽光寛頻網にこのほど、韓国の「抗中ドラマ」の荒唐無稽さに比べたら中国の「抗日ドラマ」なんてまだマシだったとする動画が掲載された。

動画はまず中国の抗日ドラマについて「戦争という厳粛なテーマに、武侠やSFの要素を持ち込むなどしているが、それでも歴史の事実を曲げることはしていない」とし、「韓国の抗中ドラマの荒唐無稽さに比べれば中国のドラマなんて大したことはない」と持論を展開した。

続いて「韓国人は、孔子や李白など中国の歴史上の偉人を自国人と主張したり、中秋節を韓国起源と称したり、漢字を韓国人の発明として世界遺産に申請すべきと述べたりしている」と指摘。

その上で、韓国の歴史ドラマの「光宗大王〜帝国の朝〜」では「高句麗軍が唐の都の長安に攻め入り、唐の皇帝の李世民の片目を射抜き、李世民がひざまずいて許しを請うたり」、韓国映画の「The Divine Weapon」では「わずか100人余りの兵が10万もの大軍を『まるで原子爆弾のように威力のある』矢を使い敗走させたりしている」とし、「歴史を軽んじ恥知らずなことこの上ない」と主張した。(翻訳・編集/柳川)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

インスピレーションを大切に。理由がなくてもピンときたことに...もっと見る >