2017/11/29 15:50

日本で人気の子どもの名前、漢字の国・中国から驚きの声

日本の「生まれ年別の名前調査」の結果について、中国のネットユーザーが反応している。
日本の「生まれ年別の名前調査」の結果について、中国のネットユーザーが反応している。

2017年11月29日、環球網は、明治安田生命が毎年行っている「生まれ年別の名前調査」の結果を伝えた。

記事によると、2017年に生まれた子どもの名前は、男の子が「悠真」、「悠人」、「陽翔」が同率1位。4位は「湊」、5位に「蓮」、「蒼」がランクイン。女の子は「結菜」、「咲良」が同率1位で、3位は「陽葵」。以下、「莉子」、「芽依」と続いている。

日本で人気の子どもの名前を知った中国のネットユーザーが次々に反応している。「え、翔…?」「日本人は『翔』が中国のネットスラングでどういう意味か知らないのだろう」といったコメントがあるが、これは近年、「翔」がネット上で排せつ物の意味として使われていることがあるようだ。

ほかには、「男の子なのに『蓮』ってどういうこと?」「『蓮』は中国では典型的な女性の名前だよね」という声や、「それにしても、男の子の名前はホストの源氏名みたいのばかりだ…」
「本当にホストっぽくなっている。女の子の方は癒やし系が流行りっぽい」「少女漫画のキャラクターみたいな名前ばかりね」という感想を抱くユーザーも。

このほか、「『ゆ(YU)』って音が多いみたいだけど、なんで?」「『菜(※中国語では「料理」の意味)』って日本語だとどういう意味になるの?」「ただ音の聞こえがいいってだけだと思うよ…」などのやり取りも見られた。(翻訳・編集/岡田)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

面倒見がよくなっている今日のあなた。下の人に声をかけたり助...もっと見る >