2018/01/17 19:40

上野動物園のパンダの赤ちゃんシャンシャンの「残業」が中国で話題に=「残業手当はつくの?」

15日、参考消息網は記事「なぜ彼女は残業しなければならないのか?。全日本人が注目?!」を掲載した。日本のパンダブームに中国ネットユーザーは驚いている。写真は東京・新橋のシャンシャンのバルーン広告。
15日、参考消息網は記事「なぜ彼女は残業しなければならないのか?。全日本人が注目?!」を掲載した。日本のパンダブームに中国ネットユーザーは驚いている。写真は東京・新橋のシャンシャンのバルーン広告。

2018年1月15日、参考消息網は記事「なぜ彼女は残業しなければならないのか?全日本人が注目?!」を掲載した。

上野動物園のパンダの赤ちゃん、「シャンシャン」の公開時間が23日から2時間延長されることになった。観覧需要に対応するため、シャンシャンの体調を見て公開時間延長が決定された。記事は、「現在の観覧は抽選方式で倍率は40〜140倍という狭き門だ。日本のパンダブーム、シャンシャンフィーバーには驚かされる」と伝えている。

以下は中国ネットユーザーの反応。

「神は中国をお守り下さっている。こんな萌(も)えアニマルをわが国に下さったのだから」
「パンダって熊じゃん。めっちゃ強いじゃん。こんな強い奴がなんで萌えを武器に生きているのやら」
「うん。パンダって古代には『食鉄獣』って言われていたらしいもんね」

「実力で十分生きているはずなのに、萌えだけに頼っているのがなんとも」
「パンダまで児童労働!一日7時間も客を取らされるなんて……」
「残業手当はつくのでしょうか?」
「疲れがたまっているようです。目にクマがあるもの」
(翻訳・編集/増田聡太郎)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

頭の回転がはやいけれど、少々毒舌気味。ツッコミは冗談が通じ...もっと見る >