2017/12/23 09:30

なぜ日本に定住する中国人が増えているのか―中国サイト

20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「なぜ日本に定住する中国人が増えているのか」と題する文章が掲載された。資料写真。
20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「なぜ日本に定住する中国人が増えているのか」と題する文章が掲載された。資料写真。

2017年12月20日、中国のポータルサイト・今日頭条に、「なぜ日本に定住する中国人が増えているのか」と題する文章が掲載された。

法務省入国管理局の発表によると、16年末の在留外国人数238万2822人のうち、中国人は国籍・地域別トップの69万5522人を占めた。前年末に比べると4.5%の増加となる。では、なぜ日本に定住する中国人は増えているのか。文章はその理由として、「食」と「住」のほか、交通や医療、治安の良さなどを挙げている。

まず、「食」に関しては「栄養、安全性ともに問題ないが、唯一気になるのは味付けがやや淡泊なこと。濃い味を好む人には少しなじめないかもしれない。ただ、カツ丼やすし、てんぷらにたこ焼き、ラーメンに懐石料理…。選択肢が豊富である上、日本には中華料理店も多い」と紹介し、「住」については「住居面でのプレッシャーはそれほど大きくなく、賃貸マンションに住み続けてもいい。部屋の配置は合理的で、狭いが細かい部分まで考えられた作りになっている。地震についても建物を建てる時に考慮されているから万が一の時も心配は無用。北京と比べると物件購入費はとても安い」と説明している。

さらに、交通や医療、治安に関しても「大都市には地下鉄網が張り巡らされていてどこに行くのも便利。少し歩くと駅が見つかる。地方では車がないと不便だが、中古車は安い。ガソリン代も受け入れ可能なレベル」「国民健康保険の患者負担はわずか3割で高齢者の負担はもっと少ない。緊急の場合、救急車と消防車が同時に来ることもある」「宅配ボックスの中を荒らされることはないし、傘を置き忘れても誰かが持ち去ることはない」と紹介し、「中国と日本は飛行機でわずか3時間という距離。おまけに時差はたった1時間。文化的にも近く、日本全国どこに行っても見慣れた文字を目にすることができる」と日本の漢字が親近感を与えるという要素も挙げている。(翻訳・編集/野谷)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >