2018/01/26 08:20

日本の映画館の“斬新な試み”に海外メディアも注目、しかし韓国ネットには不評=「掃除はどうする?」「日本ならいいけど…」

24日、日本のある映画館が家と劇場のメリットを結合したアイデアとして「こたつ席」を導入し、海外メディアの注目を浴びている。資料写真。
24日、日本のある映画館が家と劇場のメリットを結合したアイデアとして「こたつ席」を導入し、海外メディアの注目を浴びている。資料写真。

2018年1月24日、日本のある映画館が家と劇場のメリットを結合したアイデアとして「こたつ席」を導入し、海外メディアの注目を浴びている。韓国・ソウル新聞などが報じた。

ソウル新聞は英メディアの報道を紹介している。それによると、埼玉県所沢市の「新所沢レッツシネパーク」が新たにプレミアムシートとして「こたつ」を導入したという。寒い冬に備え、今月6日から2月末まで期間限定で運営しているそうだ。

こたつシートには最大3人まで座ることができ、価格は2D映画で4000円、3D映画は5500円。ただし上映館は2カ所のみのため、事前予約が必要とのこと。

韓国・インサイトも「国内への導入が急がれる日本の映画館の『こたつシート』」との題名で報じており、各種インターネット掲示板でも早速話題を集めている。

韓国のネットユーザーからは「暖かいと眠くなる」「映画中に眠くなりそう」「足の臭いが気になる」「足が臭い人は禁止にしよう」「ポップコーンを落としたらどう掃除するの?」「布団の洗濯はしっかりするのかな?」など眠気や衛生面を心配する声が相次いでいる。

また、日韓の国民性を指摘して「日本人は注目を浴びることを嫌うから、この試みは失敗しそう」「先進国の日本は国民意識が高いから問題にならないだろうけど、韓国だといびきをかいて寝る人や外部の食べ物を持ち込んで異様な臭いを放つ人が出てきそう。考えただけでも行きたくない」と予想するコメントも。

その他「それなら家で見た方がいい」との意見も寄せられるなど、どうやら韓国人の目にこたつはあまり魅力的に映らないようだ。(翻訳・編集/松村)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >