2018/03/13 22:20

中国人が憎む日本は中国に最も力を貸した国―中国コラム

12日、中国のチャットアプリ・微信(WeChat)に日本の対中政府開発援助(ODA)に関するコラムが投稿され、中国の発展に大きな影響を与えたとつづった。資料写真。
12日、中国のチャットアプリ・微信(WeChat)に日本の対中政府開発援助(ODA)に関するコラムが投稿され、中国の発展に大きな影響を与えたとつづった。資料写真。

2018年3月12日、中国のチャットアプリ・微信(WeChat)に日本の対中政府開発援助(ODA)に関するコラムが投稿され、中国の発展に大きな影響を与えたとつづった。以下はその概要。

日本は1979年以降、中国に対し有償資金協力(円借款)、無償資金協力、技術協力など総額3兆円を超えるODAを実施した。ODAの大部分が有償資金協力だが、すでに新規供与は終了しており、現在は無償資金協力や技術協力といった一部のODAが続いている。

70年代の中国にとって、日本のODAはまさに命を救うお金だった。当時中国はようやく安定し発展が待たれる時期だった。西洋国家と良好な関係を築いていたが、最も多くの資金を出し、当時の中国が最も必要としていた技術者を派遣し技術的な援助をしたのが日本だ。日本を憎む中国人も少なくないが、日本は中国の発展に力を貸してくれたのだ。

30年以上に渡り、日本は中国を援助し続け、日本の援助により中国は空港や地下鉄といったインフラを整備することができた。中国の資金が豊富になった21世紀以降は資金的な援助から徐々に環境保護や人材育成などの援助に変化している。中国の急速な経済発展における日本の貢献はとても大きく、否定することができない事実である。(翻訳・編集/内山)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

突飛な行動をとってしまいそうな日。場をわきまえないと、変な...もっと見る >