2018/05/08 07:40

これは素晴らしい!日本のショッピングセンターにもはや「尊敬の念」抱く―中国メディア

4日、日本の情報を発信する自メディア・日本窓が、日本のショッピングセンターについてまとめた記事を掲載した。資料写真。
4日、日本の情報を発信する自メディア・日本窓が、日本のショッピングセンターについてまとめた記事を掲載した。資料写真。

2018年5月4日、日本の情報を発信する自メディア(新興メディア)・日本窓が、日本のショッピングセンターについてまとめた記事を掲載した。

日本人が普段、何気なく利用しているショッピングセンターも、中国人にとっては気になるところがいくつもあるようだ。記事は「日本のショッピングセンターの心動かされる細やかな気配り、見終わったら粛然と尊敬の念を抱く」と題し、利用者のことが考え尽くされたデザインや設備を紹介している。

まず挙げたのは、「実用的でかわいい無料の子ども用ショッピングカート」だ。日本のショッピングセンターでは、キャラクターがデザインされた子ども用の無料のカートがよく見られる。記事は「子どもが好きなドラえもんやアンパンマン、トーマスなどがデザインされ、子どもは大喜びする。カートには飲み物を置くスペースや荷物をかけるフックもあり、大人にとっても非常に便利だ!」と解説した。

次に、「身体が不自由な人のための車椅子の貸し出し」。記事は、「日本では、障害者など、社会的な弱者の利益が十分に重視されていて、社会の各界から至れり尽くせりのサービスが提供される」と紹介。ショッピングセンターの入り口などに貸出用の車椅子が備え付けてある様子の写真を添付している。また、ペット連れの利用客のためにペット用カートが無料で貸し出されていることや、ペットの足を洗うための洗い場があることにも触れた。

続いて、中国でたびたび注目される「トイレ」。記事では、かわいい動物などがデザインされたキッズトイレを紹介。「便器や手洗い場などは子どもの身長に合わせて低く設置されていて、手すりもある。子ども連れのママはもう、大人用のトイレで子どもに用を足させることに悩む必要はない!」と称賛した。さらに、ベビールームについては、「日本のショッピングセンターにかならずある設備の一つ」とし、「おむつ台、冷水器、温水器、ソファー、消毒液、ビニール袋、ティッシュなど、ありとあらゆる物がそろっている」とした。

さらに、「無料のコインロッカー」を挙げる。日本の多くのショッピングセンターには荷物を預けられるコインロッカーがあるが、中でも中国人に人気の木更津の三井アウトレットパークを挙げ、「ここには外国人観光客のために、大きなスーツケースが入るロッカーがある」と説明している。

記事はこの他、屋内にいても音楽で外の天気を教えてくれたり、雨が降った場合には購入した商品を入れる紙袋にビニールをかぶせてくれたりするサービスがあること、身体が不自由な人や子どもでもボタンが押しやすいエレベーター、子どもでもつかみやすいように上下2段になった階段の手すり、完全に仕切られた喫煙スペースなどを紹介した。

そして最後に、「日本のサービスには細やかさ、利用者への尊重があふれている。彼らのサービスの対象は単に男性、女性だけではなく、赤ちゃんから子ども、障害者、ペットにまで至る。すべてが人の心を温かくするのである」と結んでいる。(翻訳・編集/北田)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >