2019/02/22 18:10

日本の「電車あるある」に中国ネットも共感=「日本人の観察は本当に細かい」「一番すごいのは…」

20日、日本の地下鉄車両内で繰り広げられる日常的な光景をユニークに紹介した動画が中国版ツイッター・微博で紹介され、中国のネットユーザーが興味を示している。資料写真。
20日、日本の地下鉄車両内で繰り広げられる日常的な光景をユニークに紹介した動画が中国版ツイッター・微博で紹介され、中国のネットユーザーが興味を示している。資料写真。

2019年2月20日、日本の地下鉄車両内で繰り広げられる日常的な光景をユニークに紹介した動画が中国版ツイッター・微博で紹介され、中国のネットユーザーが興味を示している。

紹介されたのは、東京都交通局が2018年に発表した、電車内でしばしば遭遇する「あるある」をコミカルに紹介する動画「東京電車内物語」だ。

2分40秒の同作品は「日本の電車は、愉快だ」というコピーから始まり、座席で居眠りして寄り掛かってくる人を肩で押し合う様子を卓球のラリーに例えたり、端の席に座りたがる様子をオセロに例えたり、我先に席に座る様子を椅子取りゲームに例えたりしている。また、ラッシュ時に駅員が乗客を電車に押し込む様子を「相撲」と表現したり、背の高い人がつり革に頭をぶつけることを「不本意なヘディング」と表現したりしている。

ほかにも、降りる人を察知して座席の前に乗客が群がる、譲り合いの結果「謎の空席」が発生する、いかつい人の隣は座りづらい……といった「あるある」をユーモラスな再現映像で紹介した。動画は最後に「あなただけの電車あるある、探してみませんか?」と呼び掛けている。なお、投稿者はこの動画が東京都交通局によって公式に制作されたものであることを紹介している。

これに対して、中国のネットユーザーは「運営者が公式でこういうのを作るところが一番すごい。日本人の観察は本当に細かい」「ははは、地下鉄人類学だねこりゃ」「ほとんどの光景が、実際に見たことある」「つり革にヘディングするの、自分だ」「リアルなうえ、コミカル」といったコメントを寄せた。

また「北京にやって来て、この動画がリアルに作られているということを感じた」「リアルだ。バスでも似たような感じ」など、中国の公共交通機関においても動画中に見られるような光景が出現するとの感想を残すユーザーも見られた。(翻訳・編集/川尻)



【関連ニュース】

今日の運勢

おひつじ座

全体運

仕事で結果が出やすい日。今の作業に一区切りつけて、これから...もっと見る >