2017/07/05 21:00

大正2年建造、築100年の建物をリノベーション。京町家×IoT設備のゲストハウス

最近、各地でゲストハウスが建設されている。コーヒースタンドとバーを併設したものや古民家をリノベーションしたもの、そして地域住民と交流を図るものなど、さまざまなアイディアとともに、そのバリエーションは豊かになっている。

そしてまたひとつ、新しいゲストハウスが生まれた。

宿ルKYOTO 和紙ノ宿
宿ルKYOTO 和紙ノ宿

こちらは京都駅から徒歩9分、東寺駅から徒歩3分の西九条針小路にオープンしたばかりのゲストハウス「宿ルKYOTO 和紙ノ宿」。6月28日、東寺や西本願寺、京都水族館などの観光名所にも徒歩で行くことができる南区西九条エリアにできた施設だ。

宿ルKYOTO 和紙ノ宿
宿ルKYOTO 和紙ノ宿

この施設は、大正2年建造の築100年の京町家をリノベーションしたもの。主にインバウンド顧客をターゲットに集客を行っているという。

そして最大の特徴が、8月から導入予定だというIoT設備だ。

宿ルKYOTO 和紙ノ宿画面は開発中のもの

アプリで施錠を行う「スマートロック」、一定以上のデシベル数の音を検知した際に、運営会社と部屋に設置しているiPad端末にアラートが鳴る「音感知センサー」、そしてiPad端末などから遠隔でエアコンなどの操作が可能になる「スマートホームデバイス」などを一元管理できるSmart Vacation Rental Pad、通称「Smart VR Pad」というシステムを開発。

京町家のビジュアルとのギャップが新鮮だ。

宿ルKYOTO 和紙ノ宿
宿ルKYOTO 和紙ノ宿
宿ルKYOTO 和紙ノ宿
宿ルKYOTO 和紙ノ宿

他にもsousouの草履や高級今治タオルなど、京都や日本の良さ、歴史を感じられる備品を設置。一方で、バルミューダのトースターやもNESPRESSOのコーヒーマシンなど便利な電化製品も導入されている。

京町家がベースとはいえ、現代の生活アイテムを活用している点は、宿泊者にとってうれしいポイント。

京町家の雰囲気が感じられる建物とIoT設備、日本の伝統製品とデザイン家電。それぞれのバランスをうまく突いた新たなゲストハウスに、ぜひ一度宿泊してみたいものだ。

宿ルKYOTO 和紙ノ宿 [Booking.com]

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの長所を生かせそうな日。好きなことに一生懸命取り組む...もっと見る >