2017/09/27 21:00

ベッドの上で親子で楽しめる、動く絵本プロジェクター「Dream Switch」

ベッドの上で親子で楽しめる、動く絵本プロジェクター「Dream Switch」
ベッドの上で親子で楽しめる、動く絵本プロジェクター「Dream Switch」
子どもたちが小さい頃、毎晩眠りにつく前は子どもたちに絵本を読み聞かせした。いろいろなお話を読んで聞かせたが、子どもより私の方が先に寝てしまうことも多々あったことを思い出す。

世界中の名作を語り継ぐこともできるし、自作のストーリーを披露することもあったが、絵本のストーリーは子どもたちの想像力を養い、知らない世界を体験させてくれ、親子のコミュニケーションにもなるいい時間だったな、と思う。

動く絵本プロジェクター「Dream Switch」
セガトイズの動く絵本プロジェクター「Dream Switch」

セガトイズによる、寝室の天井に動く絵本を映しだせるプロジェクター「ディズニー&ディズニー/ピクサーキャラクターズ Dream Switch(ドリームスイッチ)」が2017年11月9日(木)に発売。

『ピーター・パン』や『くまのプーさん』などクラシックな物語から、『アナと雪の女王』など近年ヒットした作品まで、講談社のディズニーゴールド絵本シリーズ30冊分の物語を、“動く絵本”として搭載している。

プーさん

“動く絵本”は、テレビや動画のようなフルアニメーションではなく、キャラクターや背景が眠りを誘う絶妙なスピードでゆっくりと動き、BGMとゆったりとしたナレーションが楽しめるらしい。約10分間の物語の前後には、ミッキーマウスが登場し「今日はどんな夢がみられるかな」「さぁ、目をつむってみて。おやすみなさい」などと語りかけてくれる。

絵本以外にも、ディズニーの星座や、ヒツジ数えなどのエンターテイメントコンテンツ、あいうえおやアルファベットを学べる知育コンテンツも含め、合計50種類のコンテンツも。

読み聞かせの間、絵本をずっと持っているのって意外と大変だったりするので、天井に投影されたものを一緒に寝そべって眺めることができるのはいいかもしれない。

発売に先駆け、抽選で20組の親子に「Dream Switch」を体験できる先行モニターキャンペーンの募集がスタートしている。

応募方法は、オフィシャルWEBサイトより、「SEGA ID」に無料登録・ログインし、「Dream Switch先行モニターキャンペーン」から申し込むようなので要チェック(応募条件は、3〜8歳の子どもを持ち日本国内在住であり、モニター期間中にWEBアンケートへの回答ができること、使用時の写真の提供、WEBコンテンツやカタログ・チラシなどの販売促進ツールへの写真掲載が可能な方)。

©Disney
©Disney. Based on the"Winnie the Pooh"works by A.A.Milne and E.H.Shepard.
©Disney/Pixar

Dream Switch [セガトイズ]
親子の夜が変わる!寝る前の絵本プロジェクター『Dream Switch(ドリームスイッチ)』誕生。先行モニターキャンペーン本日募集開始! [PRTIMES]

今日の運勢

おひつじ座

全体運

人を仕切る立場にたちやすい日。でも自分は表に出ないほうが吉...もっと見る >