楽天WOMAN リニューアルのお知らせ ▶ 詳細はこちら
2019/11/20 10:32

みんなのこだわりの「キッチン」3選|みんなの部屋

みんなのこだわりの「キッチン」3選|みんなの部屋
みんなのこだわりの「キッチン」3選|みんなの部屋
毎日のご飯を作る場所、「キッチン」。

必要なものがゴチャゴチャと置いてある所がいい、スッキリしていた方がいい、家族の顔が見えるキッチンがいい……。

暮らす人の価値観によって、その在り方は様々に形を変えていきます。

そこで今回は「みんなの部屋」で紹介した部屋の中から、皆さんのこだわりのキッチンを集めてみました。

子どもの姿が見えるようにこだわったキッチンダイニング


東京都にある東村山駅から徒歩15分強の場所にあるのは、山設計工房で働きながら個人活動「むら家」を展開する、一級建築士の飯塚啓吾さんファミリーの家。



料理をしながらお子さんの様子が見えるキッチンカウンターは、亜衣さんの強いこだわりで生まれた場所です。



「別の場所にいながらも、なんとなく家族が繋がっていられるように、仕切りのない家にしたかったんです。

スペースが限られているので、ダイニングテーブルとキッチンの作業台を兼ねました。なので、一般的なダイニングテーブルより少しだけ高くしてあります。カウンターの下は食器や調理器具の収納スペースにして、なるべく家具を置かなくていいようにしてもらいました」(亜衣さん)

詳しくはコチラ↓
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2018/02/413240/"]

すっきり暮らすためのキッチンづくり ― 人気インスタグラマー23人。我が家のキッチン、掃除、料理のコツ



こちらもオススメ:すっきり暮らすためのキッチンづくり ― 人気インスタグラマー23人。我が家のキッチン、掃除、料理のコツ


¥1,430 Amazonで見てみる



あえて飾らない実家のようなキッチン


ユニークな出会い方をした周平さんと菜生さんが暮らすのは、神奈川県川崎市にある部屋。



そこにあったのは、菜生さんがおいしい和食をふるまう“実家レベル”のキッチンでした。

「実家に住んでいた頃、週一でオカンの帰りが遅い日があって、そんときにはお父さんと晩酌用にごはん作ってて。お父さんに作るから、和食ばっかり。やから、あんましゃれた調味料とかはありません」(菜生さん)

コテコテの関西キャラと、混ぜごはんの素朴な薄味。そのバランスにホッとするのでした。

詳しくはコチラ↓
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2018/02/416197/"]

家の中で一番明るいキッチン


京都駅からバスで10分ほどの下京区エリア。

駅周辺のにぎやかさから少し離れた、落ち着いた住宅街にある家。



きものシェアクローゼット&サロン・水端を運営する「ゆっけ」こと太田由恵さんは、キッチンで過ごす時間が最も長いとのこと。

コーヒーを淹れながらキッチンでデスクワークまで行うことも多いそうで、キッチンには作業スペースも隣接しています。

詳しくはコチラ↓
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2018/11/462654/"]

すっきり暮らすためのキッチンづくり ― 人気インスタグラマー23人。我が家のキッチン、掃除、料理のコツ



こちらもオススメ:すっきり暮らすためのキッチンづくり ― 人気インスタグラマー23人。我が家のキッチン、掃除、料理のコツ


¥1,430 Amazonで見てみる



あわせて読みたい:
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/11/562385/"]
[blogcard url="https://www.roomie.jp/2019/11/572232/"]
2020年運勢特集|楽天占い

今日の運勢

おひつじ座

全体運

運気はやや不安定。いいかげんな人にふりまわされるかも。でも...もっと見る >