2017/11/22 08:12

日本の潜水艦は世界トップクラス、英専門家も「中国は到底及ばない」=中国報道

海上自衛隊の最新鋭そうりゅう型潜水艦の進水式が6日に行われ、同潜水艦は「しょうりゅう」(翔龍)と命名された。中国メディアの今日頭条は16日、英国の軍事専門家の見解として「潜水艦に関する日本の技術力は世界トップクラス」だと伝えている。(イメージ写真提供:123RF)
海上自衛隊の最新鋭そうりゅう型潜水艦の進水式が6日に行われ、同潜水艦は「しょうりゅう」(翔龍)と命名された。中国メディアの今日頭条は16日、英国の軍事専門家の見解として「潜水艦に関する日本の技術力は世界トップクラス」だと伝えている。(イメージ写真提供:123RF)
 海上自衛隊の最新鋭そうりゅう型潜水艦の進水式が6日に行われ、同潜水艦は「しょうりゅう」(翔龍)と命名された。中国メディアの今日頭条は16日、英国の軍事専門家の見解として「潜水艦に関する日本の技術力は世界トップクラス」だと伝えている。

 6日に進水式を行った「しょうりゅう」は海上自衛隊にとって10隻目となるそうりゅう型潜水艦だ。そうりゅう型潜水艦は長い潜航時間を実現すると同時に、非常に高い静粛性による高いステルス性を持ち、日本が世界に誇る最新潜水艦だと評価されている。

 続けて、軍事に関する週刊誌「ジェーン・ディフェンス・ウィークリー(JDW)」が英国の軍事専門家の見解として、多くの人はディーゼルエンジンなどを動力とする「通常動力型潜水艦」をあまり重要視していないとしながらも、「日本は通常動力型潜水艦の分野で世界をリードする立場にあり、同分野で日本と比類する技術力を持つ国はほとんどない」と指摘した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >