2017/12/05 15:12

排斥で販売台数を減らした韓国車、排斥されても販売を伸ばす日系車=中国報道

中国では政治面などの理由で他国との関係が悪くなると、その国の商品を排斥する動きが高まることがある。尖閣諸島(中国名:釣魚島)の領有権をめぐって日中関係が悪くなった際には、日本の製品を排斥する運動が高まった。2017年は、韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備をめぐって中韓関係が悪化し、韓国製品の排斥運動が行われた。(イメージ写真提供:123RF)
中国では政治面などの理由で他国との関係が悪くなると、その国の商品を排斥する動きが高まることがある。尖閣諸島(中国名:釣魚島)の領有権をめぐって日中関係が悪くなった際には、日本の製品を排斥する運動が高まった。2017年は、韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備をめぐって中韓関係が悪化し、韓国製品の排斥運動が行われた。(イメージ写真提供:123RF)
 中国では政治面などの理由で他国との関係が悪くなると、その国の商品を排斥する動きが高まることがある。尖閣諸島(中国名:釣魚島)の領有権をめぐって日中関係が悪くなった際には、日本の製品を排斥する運動が高まった。2017年は、韓国のTHAAD(高高度防衛ミサイル)配備をめぐって中韓関係が悪化し、韓国製品の排斥運動が行われた。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、日系車と韓国車はどちらも同じように中国で排斥の対象となっていると伝え、それでも販売を伸ばし続ける日系車に対し、韓国車はなぜ排斥の影響を受けたのかと疑問を投げかける記事を掲載した。

 まず記事は、中国の自動車業界は数年前と大きく変化していて、世界中のメーカーが中国企業との合弁会社を設立し、中国市場に自動車を供給していることを指摘。競争の激化や中国車の成長を背景に、中国では目の肥えた消費者が増えてきているのも事実だ。中国自動車市場ではかつて「韓流ブーム」のように韓国車が人気となったことがあるが、現在の消費者はより理性的に韓国車を見ていると指摘した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

元気いっぱい。行動的になればなるほど、ツキがまわってくるの...もっと見る >