2017/12/06 08:12

まさに圧倒的な強さ・・・日本のカメラは後発なのになぜ世界を獲れたのか=中国報道

中国製品を信用していない中国人消費者は多く、海外製品を買い求める消費者は少なくない。こうした消費者は「外国に媚びている」という意味の「崇洋媚外」という言葉と共に批判されることもあるが、中国製品と海外製品の質の差を考えれば、「生活の質を高めたい」と願う中国人消費者が海外製品を買い求めたくなる気持ちは理解できよう。(イメージ写真提供:123RF)
中国製品を信用していない中国人消費者は多く、海外製品を買い求める消費者は少なくない。こうした消費者は「外国に媚びている」という意味の「崇洋媚外」という言葉と共に批判されることもあるが、中国製品と海外製品の質の差を考えれば、「生活の質を高めたい」と願う中国人消費者が海外製品を買い求めたくなる気持ちは理解できよう。(イメージ写真提供:123RF)
 中国製品を信用していない中国人消費者は多く、海外製品を買い求める消費者は少なくない。こうした消費者は「外国に媚びている」という意味の「崇洋媚外」という言葉と共に批判されることもあるが、中国製品と海外製品の質の差を考えれば、「生活の質を高めたい」と願う中国人消費者が海外製品を買い求めたくなる気持ちは理解できよう。

 中国において「品質」が特に評価されているのはドイツ製品と日本製品だ。ドイツ製品の品質は確かに世界で高評価を得ているが、「カメラ」の分野においては日本企業が世界市場で大きなシェアを獲得しており、ドイツも日本にかなわない分野だと言えるだろう。

 中国メディアの今日頭条はこのほど、中国人消費者はドイツ製品と日本製品には絶対の信頼を置いていると伝え、何かを購入するときにはドイツ製品と日本製品を比較することも多いと紹介する一方、カメラにおいては日本企業の製品による「一択」の状況であることを指摘、「日本企業はいかにしてドイツ企業を打ち破ったのか」と疑問を投げかけている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

落ち着いた気分で過ごせる一日。今やっていることを振り返り、...もっと見る >