2017/12/13 09:12

日本の子どもが「小学校の入学前」に学ぶこと、まさかこんなことまで・・・=中国

幼少の頃に受けた教育は、その子の人生に大きな影響を与える。それゆえに子どもの教育については、中国でも多くの親が関心を抱くテーマとなっているが、中国の教育といえば学業偏重で、学業に関する知識以外は教育として重視されていないのが現状だ。(イメージ写真提供:123RF)
幼少の頃に受けた教育は、その子の人生に大きな影響を与える。それゆえに子どもの教育については、中国でも多くの親が関心を抱くテーマとなっているが、中国の教育といえば学業偏重で、学業に関する知識以外は教育として重視されていないのが現状だ。(イメージ写真提供:123RF)
 幼少の頃に受けた教育は、その子の人生に大きな影響を与える。それゆえに子どもの教育については、中国でも多くの親が関心を抱くテーマとなっているが、中国の教育といえば学業偏重で、学業に関する知識以外は教育として重視されていないのが現状だ。

 中国メディアの今日頭条は10日、「日本の子どもが小学生になる前に学ばなければならないこと」について紹介する記事を掲載し、中国人としては、日本の子どもたちが「小学校入学前」に学ぶことが非常に多くて、「複雑な気持ちになる」と伝えている。

 まず記事は、日本の子どもは小学校入学前にトイレの使い方について学ぶ必要があることを紹介している。中国では小学校に入学する前の子どもにトイレの使い方をあまり厳しく教えていないように見受けられる。なぜなら、小学校に入学する前の子どもたちはトイレ以外の場所でも用を足すのが一般的だからだ。保護者はそのことについて注意するどころか、子どもが尿意を訴えた場合はその場で用を足すように子どもに促す。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >