2017/12/13 15:12

日本と中国との間にまだまだある差、ホテルの部屋を見てみると分かる=中国メディア

中国語には「賓至如帰」という四字熟語がある。「客人がまるでわが家に帰って来たかのような安らぎを覚える」という意味であり、客人をもてなすうえでの究極の目標を示した言葉だ。しかし、中国のサービス業ではまだまだこの崇高な四字熟語の域に達していないケースが多々見られるようだ。中国メディア・今日頭条は12日、「日本とわれわれは全然違う ホテルの衛生状況を見れば分かる」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
中国語には「賓至如帰」という四字熟語がある。「客人がまるでわが家に帰って来たかのような安らぎを覚える」という意味であり、客人をもてなすうえでの究極の目標を示した言葉だ。しかし、中国のサービス業ではまだまだこの崇高な四字熟語の域に達していないケースが多々見られるようだ。中国メディア・今日頭条は12日、「日本とわれわれは全然違う ホテルの衛生状況を見れば分かる」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 中国語には「賓至如帰」という四字熟語がある。「客人がまるでわが家に帰って来たかのような安らぎを覚える」という意味であり、客人をもてなすうえでの究極の目標を示した言葉だ。しかし、中国のサービス業では、まだまだこの崇高な四字熟語の域に達していないケースが多々見られるようだ。中国メディア・今日頭条は12日、「日本とわれわれは全然違う ホテルの衛生状況を見れば分かる」とする記事を掲載した。

 記事は「近ごろ中国では、多くのエコノミーホテルで清掃の不行き届きに関する問題が取り沙汰されている。1枚のタオルでコップやトイレなどあらゆる物を拭いていたケースもあるという。そして、このような事態はエコノミーホテルのみで起きている訳ではなく、有名な5つ星ホテルにも存在するというから本当に驚きである」とした。

 そのうえで「隣国の日本では、大きなホテルにしろ小さな旅館にしろ、このような心が寒くなるような状況は起こり得ない。日本のホテルスタッフは非常にプロ意識が高く、現場に出る前に専門の教育やプロ意識の教育を受け、テストに合格する必要があるのだ」と説明している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >