2017/12/18 14:12

中国人が日本では「新車ばかり」走っていると誤解する理由=中国報道

近年多くの中国人が日本を訪れているが、訪日中国人が驚くことの1つに、日本の街を走っている自動車のほとんどが「新車ばかりに見える」ということがあるようだ。中国メディアの新浪は13日、「日本の自動車はなぜ新車ばかりに見えるのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
近年多くの中国人が日本を訪れているが、訪日中国人が驚くことの1つに、日本の街を走っている自動車のほとんどが「新車ばかりに見える」ということがあるようだ。中国メディアの新浪は13日、「日本の自動車はなぜ新車ばかりに見えるのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 近年多くの中国人が日本を訪れているが、訪日中国人が驚くことの1つに、日本の街を走っている自動車のほとんどが「新車ばかりに見える」ということがあるようだ。中国メディアの新浪は13日、「日本の自動車はなぜ新車ばかりに見えるのか」と疑問を投げかける記事を掲載した。

 中国は日本に比べて湿度が低く、乾燥が厳しい地域が多い。特に内陸部の気候は日本と大きく違っていて、ゴビ砂漠もあることから黄砂の量も多い。それゆえ中国では黄砂をかぶって汚れている車を多く見かける。記事は、中国に比べて日本では街ゆく自動車のほとんどが新車に見える理由として「日本の車検制度の要求水準が厳しく、自動車がよく整備されていること」、「日本人は通勤に電車を利用するため、自動車の使用頻度が低いこと」、「空気がきれいなため自動車が汚れないこと」の3点を挙げている。

 特に、「日本の車検制度の水準が厳しくて自動車がよく整備されている」ことについては、日本では新車を購入後3年、その後は2年ごとに車検を受けなければならないことを紹介し、日本では新車購入後3年、あるいは5年後に自動車を買い換える人が少なからず存在することを紹介している。また、日本は車検費用も安くはないとし、初めての車検で数万円は優にかかることを紹介。中国にも車検制度はあるがその費用は、200元(約3500円)ほどであることを紹介した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

体力アップのため毎日の運動を始めよう。体重が気になるならダ...もっと見る >