2017/12/29 22:12

日本人の多くが度肝を抜かれ、恐れおののいた中国の都市 北京や上海ではなくこの街だった!=中国メディア 

中国の都市というと、北京や上海が真っ先に思い付くという人は多いことだろう。今も昔もこの2都市は中国を語るうえで欠かすことのできない中核都市であることは間違いない。しかし、今の中国を語るうえで絶対に見なければならない都市がある。それは、広東省深セン市だ。中国メディア・今日頭条は27日、深センの発展ぶりに日本人が驚嘆したとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
中国の都市というと、北京や上海が真っ先に思い付くという人は多いことだろう。今も昔もこの2都市は中国を語るうえで欠かすことのできない中核都市であることは間違いない。しかし、今の中国を語るうえで絶対に見なければならない都市がある。それは、広東省深セン市だ。中国メディア・今日頭条は27日、深センの発展ぶりに日本人が驚嘆したとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 中国の都市というと、北京や上海が真っ先に思い付くという人は多いことだろう。今も昔もこの2都市は中国を語るうえで欠かすことのできない中核都市であることは間違いない。しかし、今の中国を語るうえで絶対に見なければならない都市がある。それは、広東省深セン市だ。中国メディア・今日頭条は27日、深センの発展ぶりに日本人が驚嘆したとする記事を掲載した。

 記事はまず、近ごろ「夢を見るか、現実に留まるか」というキャッチコピーの企業広告が東京に出現して多くの日本人の注目を集めたとし、広告を出したのが世界最大のドローン企業で深センに本社を置く中国企業のDJIだったと紹介した。

 そして、1980年以前は香港の向かいにある小さな漁村にすぎなかった深センが、この36年間で平均23%という驚異的な経済成長率で大きく発展を遂げ、今や1100万人の人口を抱えるスーパー大都市になったと説明。2016年のGDPは3000億米ドルで、ボストン、シドニー、横浜、ベルリンなど世界の大都市を超える経済規模を誇っていると伝えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >