2018/01/01 15:12

おいしさに涙がほとばしる・・・中国メディアが紹介する、京都の抹茶・抹茶スイーツ店「神7」

お正月のおせち料理は総じて味付けが濃い。ごちそうを食べて口の中をさっぱりしたくなったら、抹茶を1杯いただいてみてはどうだろうか。中国メディア・今日頭条は12月28日、「おいしすぎて涙がほとばしる、京都の抹茶店神7」を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
お正月のおせち料理は総じて味付けが濃い。ごちそうを食べて口の中をさっぱりしたくなったら、抹茶を1杯いただいてみてはどうだろうか。中国メディア・今日頭条は12月28日、「おいしすぎて涙がほとばしる、京都の抹茶店神7」を紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 お正月のおせち料理は総じて味付けが濃い。ごちそうを食べて口の中をさっぱりしたくなったら、抹茶を1杯いただいてみてはどうだろうか。中国メディア・今日頭条は12月28日、「おいしすぎて涙がほとばしる、京都の抹茶店神7」を紹介する記事を掲載した。

 記事は、「京都といえば抹茶、と考えている人も多いのではないだろうか。京都人は美食を愛することで知られており、最も本式の抹茶を味わいたいのであれば、これから紹介する店を訪れれば間違いない」として、以下に挙げる7つの抹茶・抹茶スイーツ店を紹介している。

 1.茶寮 都路里(つじり)・・創業150年を超える歴史を持つ祇園辻利の茶寮。抹茶ゼリー、抹茶ケーキ、抹茶アイス、抹茶かき氷など、純正なる宇治抹茶と現代スイーツの完美なる融合は、普段抹茶を飲まない人でも存分にその魅力を楽しむことができる。

 2.中村藤吉・・本家は宇治市に位置するが、地理に疎い観光客向けに京都市内にも店舗を構えている。看板メニューは生茶ゼリイで、濃厚ながらも決してくどくなく、抹茶アイスとのコンビネーションはたまらない。茶の味が強いので、抹茶を本当に好きな人におすすめ。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >