2018/01/02 09:12

サッカー部の頂点を決める大会を毎年行う日本、サッカー場を潰してマンションにする中国

サッカー好きとしても知られる中国の習近平国家主席は、サッカー強化を国策として打ち出したが、サッカーはもとよりスポーツの競技レベルの向上は一朝一夕に実現できるものではなく、中国サッカー代表が強くなるのも一定の時間がかかるだろう。(イメージ写真提供:123RF)
サッカー好きとしても知られる中国の習近平国家主席は、サッカー強化を国策として打ち出したが、サッカーはもとよりスポーツの競技レベルの向上は一朝一夕に実現できるものではなく、中国サッカー代表が強くなるのも一定の時間がかかるだろう。(イメージ写真提供:123RF)
 サッカー好きとしても知られる中国の習近平国家主席は、サッカー強化を国策として打ち出したが、サッカーはもとよりスポーツの競技レベルの向上は一朝一夕に実現できるものではなく、中国サッカー代表が強くなるのも一定の時間がかかるだろう。

 今でこそアジアサッカーの強豪国となった日本だが、かつては中国にも勝てない時代があった。だが、近年の日本がワールドカップの常連国になるまでに成長できたのは、青少年の育成をはじめ、地道な努力を重ねた結果と言えるだろう。

 中国メディアの今日頭条は29日、毎年12月から1月にかけて行われる「全国高等学校サッカー選手権大会(全国高校サッカー選手権)」を紹介し、なぜ日本サッカーが強いのか、日本から欧州で活躍できるサッカー選手が輩出されるのか、その理由は全国高等学校サッカー選手権大会を見ればよく分かると伝えている。

 記事は、全国高校サッカー選手権は日本中の高校サッカー部の頂点を決めるトーナメント形式の大会であり、東京を除いて各都道府県は1校しか参加できない大会だと紹介。この大会への出場を目指し、高校生たちは練習に汗を流し、自分たちの実力を高めるために努力を重ねていることを指摘した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

自分の価値観を通したいあまり、孤立しそうな今日のあなた。ガ...もっと見る >