2018/01/05 13:12

住民の生活を尊重し、年に4日しか点灯しない白川郷 金儲けに走って自然の恵みを壊す中国の雪の里=中国メディア

冬型の気圧配置が強まり、今年の正月三が日は日本海で大雪に見舞われた。冬の行楽の楽しみの1つは雪景色の観賞だが、大荒れの天気は困りものだ。中国メディア・今日頭条は3日、中国の雪の里がお金儲けに走る一方で、日本を代表する雪の里が自然や住民の生活を尊重しているとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
冬型の気圧配置が強まり、今年の正月三が日は日本海で大雪に見舞われた。冬の行楽の楽しみの1つは雪景色の観賞だが、大荒れの天気は困りものだ。中国メディア・今日頭条は3日、中国の雪の里がお金儲けに走る一方で、日本を代表する雪の里が自然や住民の生活を尊重しているとする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 冬型の気圧配置が強まり、今年の正月三が日は日本海で大雪に見舞われた。冬の行楽の楽しみの1つは雪景色の観賞だが、大荒れの天気は困りものだ。中国メディア・今日頭条は3日、中国の雪の里がお金儲けに走る一方で、日本を代表する雪の里が自然や住民の生活を尊重しているとする記事を掲載した。

 記事は、中国の有名な雪の里として、黒龍省牡丹江市にある双峰林場を紹介。海抜1200メートル以上の高地にあり、積雪期間が7カ月に及ぶ現地では中国最大級の雪量とともに、優れた雪質を誇るとしている。

 一方で「2016年、双峰林場は2億3000万元(約40億円)の観光収入を実現したというが、これは良いことなのか。高すぎる宿泊費、食事代、観光地の入場料に対し、ますます疑問の声が出るなか、現地の観光当局が一部の施設などにおける価格の不当な釣り上げの存在を認め、規定に基づき罰金処分を科するに至った。雪の里の風景は真っ白だが、人の心は真っ黒なのだろうか」と伝えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

新しい人間関係が広がる日。趣味の習い事や勉強会がキッカケで...もっと見る >