2018/01/06 11:12

日本人が正月休み明けの仕事始めに何をするか、知っているか?=中国メディア 

正月の三が日が終わると、世の中は一気に「通常運転モード」へと戻っていく。今年は暦の関係上4日に仕事始めを迎え、週明けの9日より完全に通常モードに入る企業が多いことだろう。中国メディア・今日頭条は4日、日本人が新年の仕事始めにやる事について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
正月の三が日が終わると、世の中は一気に「通常運転モード」へと戻っていく。今年は暦の関係上4日に仕事始めを迎え、週明けの9日より完全に通常モードに入る企業が多いことだろう。中国メディア・今日頭条は4日、日本人が新年の仕事始めにやる事について紹介する記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 正月の三が日が終わると、世の中は一気に「通常運転モード」へと戻っていく。今年は暦の関係上4日に仕事始めを迎え、週明けの9日より完全に通常モードに入る企業が多いことだろう。中国メディア・今日頭条は4日、日本人が新年の仕事始めにやる事について紹介する記事を掲載した。

 記事は、日本人の多くが正月休みを終えて新年の仕事始めを迎えた4日に、東京千代田区にある神田神社では1年の仕事が順調に進み、繁盛することを願う多くの人が押し掛けたと伝えた。掲載された写真からは、正月三が日の初詣とは異なりスーツ姿の男性参拝客が圧倒的多数を占めていることが見て取れる。

 そのうえで、神田神社が江戸幕府の開祖である徳川家康が関ヶ原の戦いの前に勝利の祈祷を行った神社であると紹介。この戦いに勝利して江戸幕府を開いてからは、江戸の総鎮守として江戸そして東京の市民の崇敬を集めてきたとした。また、神田神社は商売繁盛の神様である「えびす様」に縁があることを紹介。このために、多くの企業や商売人が仕事始めに参拝して1年の商売繁盛祈願を行うことを伝えている。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ネットワークが大きく広がりそう。趣味の集まりやサークル活動...もっと見る >