2018/01/07 16:12

民度が高くて、秩序もあって・・・だから日本の交通事故の死亡者は減っているのか=中国

警察庁が4日に発表したところによると、2017年における全国の交通事故死者数は3694人となり、16年の3904人から210人減少した。これは、統計を始めてから過去最少の数字だ。中国メディアの今日頭条は4日、日本で交通事故死者数が過去最低を記録したことを伝えると、中国のネットユーザーから「さすがアジアの先進国だ」と言ったコメントが寄せられた。(イメージ写真提供:123RF)
警察庁が4日に発表したところによると、2017年における全国の交通事故死者数は3694人となり、16年の3904人から210人減少した。これは、統計を始めてから過去最少の数字だ。中国メディアの今日頭条は4日、日本で交通事故死者数が過去最低を記録したことを伝えると、中国のネットユーザーから「さすがアジアの先進国だ」と言ったコメントが寄せられた。(イメージ写真提供:123RF)
 警察庁が4日に発表したところによると、2017年における全国の交通事故死者数は3694人となり、16年の3904人から210人減少した。これは、統計を始めてから過去最少の数字だ。中国メディアの今日頭条は4日、日本で交通事故死者数が過去最低を記録したことを伝えると、中国のネットユーザーから「さすがアジアの先進国だ」と言ったコメントが寄せられた。

 日本で交通事故死者数過去最少を更新したのは1949年の3790人以来、実に68年ぶりだという。交通事故死者数は1970年に1万6765人と過去最悪を記録したが、減少傾向が続いていた。記事は、地域別にみると、交通事故による死者数が最も多いのが愛知県で200人、次いで埼玉県の177人、東京164人と続き、最も少なかったのは島根県の17人だったと伝えた。

 統計によれば、歩行者の死亡者数が最も多く、高齢者の占める割合に関しては65歳以上の高齢者が2020人で、全体の54.7%を占めた。前年と比べて118人の減少である。飲酒運転による死亡事故は201件で、前年より12件減った。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >