2018/01/08 16:12

人民日報がついに・・・米アップルを「ワガママ病が治らなければ市場を失う」と批判=中国メディア

中国メディア・今日頭条は6日、「ついに堪えきれなくなり、人民日報がアップルの批判を展開した」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
中国メディア・今日頭条は6日、「ついに堪えきれなくなり、人民日報がアップルの批判を展開した」とする記事を掲載した。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・今日頭条は6日、「ついに堪えきれなくなり、人民日報がアップルの批判を展開した」とする記事を掲載した。

 記事は、近ごろ旧モデルのiPhoneにおいてバッテリーの劣化とともにパフォーマンスが落ちる問題が指摘されたことについて「人民日報も看過できなくなった」としたうえで、5日付の人民日報に「外国大手ブランドの『お姫様病』を治すべきだ」とのコラムが掲載されたことを伝えた。「お姫様病」とは、何かにつけてわがままを押し付ける「わがまま病」のことである。

 そして、コラムが「今回の問題は消費者の知る権利、選択権、公平な取引の権利を侵害するものだ。2017年の中国におけるスマートフォン売り上げトップ4はいずれも国産メーカーで、アップルは5位に甘んじている。これは、中国国民の生活レベル向上に伴い消費における理性が高まり、盲目的に外国ブランドを追いかけなくなったことの表れだ。外国ブランドがまだ過去の状況に浸っているのであれば、それは傲慢であり、偏見。『お姫様病』を治さなければ、市場を失うことになる」と論じたことを伝えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

あなたの考え方をハッキリ示そう。共鳴してくれる人が現れそう...もっと見る >