2018/01/10 13:12

どうしてなんだろう? 日本語に「口汚く人を罵る言葉」がない理由=中国メディア

他国の文化や民族性を理解する一番良い方法は、その国の言語を学ぶことだとも言われる。アニメやドラマなど、どんなきっかけであっても互いに知りあう機会が開かれるのは良いことだ。中国メディアの今日頭条は5日、ある日本語教師が中国人の生徒に質問される「なぜ日本語には口汚く人を罵る言葉がないのか」という疑問に答える記事を記載した。(イメージ写真提供:123RF)
他国の文化や民族性を理解する一番良い方法は、その国の言語を学ぶことだとも言われる。アニメやドラマなど、どんなきっかけであっても互いに知りあう機会が開かれるのは良いことだ。中国メディアの今日頭条は5日、ある日本語教師が中国人の生徒に質問される「なぜ日本語には口汚く人を罵る言葉がないのか」という疑問に答える記事を記載した。(イメージ写真提供:123RF)
 他国の文化や民族性を理解する一番良い方法は、その国の言語を学ぶことだとも言われる。アニメやドラマなど、どんなきっかけであっても互いに知りあう機会が開かれるのは良いことだ。中国メディアの今日頭条は5日、ある日本語教師が中国人の生徒に質問される「なぜ日本語には口汚く人を罵る言葉がないのか」という疑問に答える記事を記載した。

 もちろんこの教師も認めているが、記事は「日本語に人を罵る汚い言葉がない」わけではないし、日本人の素質が高く、心が穏やかだからというわけではないと主張した。そして、日本語の語法や体系を学べば、日本の文化や民族の性格、特性を理解することが出来るとした。

 続けて、日本語には独特で複雑な敬語の体系があるとし、「もし、自分より目上の人に対して敬語を用いずに話せば、それは既に相手を侮辱していることになるため、あえて罵る言葉を使う必要がないのだ」と説明した。さらに、日本語を学ぶにつれて日本社会には様々な上下関係がはっきりと存在していることを知ることになると指摘、それがいかに複雑かというと「日本人の学生も社会人になる前に職場で用いる相応しい敬語の訓練を受けるほど」だと紹介した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

規則や習慣をきちんと守れば、安心して過ごせそう。目上の人を...もっと見る >