2018/01/19 22:12

日本で大人気のパンダ、その「稼ぎっぷり」は凄まじい「さすがわが国の国宝」=中国メディア

東京・上野動物園では赤ちゃんパンダの「シャンシャン(香香)」が大人気だ。(イメージ写真提供:123RF)
東京・上野動物園では赤ちゃんパンダの「シャンシャン(香香)」が大人気だ。(イメージ写真提供:123RF)
 日本国内の動物園にいるジャイアントパンダは、中国に料金を支払って「レンタル」しているものであり、たとえ日本国内で生まれたパンダであっても、そのパンダの所有権は中国側にあることになっている。

 東京・上野動物園では赤ちゃんパンダの「シャンシャン(香香)」が人気を呼んでいるが、中国メディアの今日頭条はこのほど、日本におけるパンダの人気ぶりを紹介しつつ、中国のパンダの「稼ぎっぷり」は凄まじいと伝えている。

 記事は、パンダは「かわいい」動物として世界的に有名だが、近年の中国はパンダの保護のために貸与しか行っていないため、パンダを展示したい動物園は中国にレンタル料を払って借りる必要があると指摘。パンダのレンタル料は年100万ドルで10年契約となるのが一般的だとしたほか、レンタル中のパンダが子を産んでも、その子の所有権が中国に帰属するのはもちろん、子パンダのレンタル料も追加で中国に支払うなどの取り決めがあるのが普通だと紹介した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >