2018/01/20 09:12

日本の大学の学食はこんなにすごかった「比べたら泣きたくなった」=中国メディア

「あまりのレベルの高さに、『あんまりだ』と泣きそうになってくる」と、日本の大学の学食について、中国のメディアが伝えている。(イメージ写真提供:123RF)
「あまりのレベルの高さに、『あんまりだ』と泣きそうになってくる」と、日本の大学の学食について、中国のメディアが伝えている。(イメージ写真提供:123RF)
 中華料理が世界3大料理に数えられ、食の歴史も古い中国だが、学校の食堂についてはなぜか評価が低い。学生にとって温かいものを安く食べられるのはありがたいことに違いないが、ただお腹を満たすだけの場所になっているとしたら残念なことだ。

 中国メディアの今日頭条は17日、「日本の大学の学食を知ると泣きたくなる」とする記事を掲載した。記事によると、中国の通説では、「食堂レベルの高い学校が良いとは限らないが、食堂レベルの低い学校は確実に悪い」のだという。

 学生にとって、食堂が魅力的であれば毎日の生活が豊かになるだろう。記事は、日本の大学の食堂について写真を掲載して紹介した。まずは建物が特徴的な「立教大学」池袋キャンパスの第一食堂だ。この食堂は、1919年に完成した歴史あるレンガ造りの建物にあり、館内はハリーポッターに出てきそうな造りとして有名である。

 次は、「筑波大学」。中国でも人気のスターバックスが入っているのが特徴で、明るくおしゃれなベーカリー兼カフェもあり、焼きたてのパンを買うことができる。さらに「首都大学東京」では、おしゃれなフレンチレストランが入っている。キャンパス内とは思えない上品な内装で、メインが選べてサラダ・ドリンクバー付きのランチが1000円と、日本では格安の価格で楽しめると伝えた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

一人の時間を満喫できそう。あれこれ空想したり、好きな趣味に...もっと見る >