2018/01/21 09:12

日本が無理やり勝ち取ったインド高速鉄道、「成功は相当難しい」=中国メディア

インドの高速鉄道に関して、日本は特に中国との激しい受注合戦の末、受注を決めた。(イメージ写真提供:123RF)
インドの高速鉄道に関して、日本は特に中国との激しい受注合戦の末、受注を決めた。(イメージ写真提供:123RF)
 日本が受注したインド高速鉄道がいよいよ今年着工する。インド西部のムンバイ―アーメダバード間(約500キロ)を結ぶこのインド初の高速鉄道は、日本にとっても「パッケージ型インフラ輸出」の新幹線分野の初めてのモデルだ。しかし、中国では、このプロジェクトの成功を疑問視する声があるという。中国メディアの新浪は18日、「日本が無理やり勝ち取ったインドの高速鉄道は、未完成に終わるだろう」と先行きを悲観する記事を掲載した。

 インドの高速鉄道に関して、日本は特に中国との激しい受注合戦の末、受注を決めた経緯がある。記事は、日本が「無理やり受注を勝ち取った」のは、中国への警戒という政治的側面でインドと日本の立場が一致したためであると主張した。それにしても、「きっと未完成に終わる」と悲観するのはなぜだろうか。

 その1つの理由が「資金面」の問題だ。日本は建設費用9800億ルピーのうち約80%を円借款で供与し、しかも、利率0.1%、50年で償還という破格の条件で提供する。記事は、大幅な円安になった場合、日本は大きな損失になるだろうとした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >