2018/01/25 07:12

「中国製造業の縮図」と呼ばれた街から外資メーカーが撤退する理由=中国

中国のなかでも特に製造業が集積していた「江蘇省蘇州市」から外資メーカーが撤退している。(イメージ写真提供:123RF)
中国のなかでも特に製造業が集積していた「江蘇省蘇州市」から外資メーカーが撤退している。(イメージ写真提供:123RF)
 世界の工場として名を馳せた中国だが、近年は人件費の高騰などを理由に工場を中国から東南アジアなどに移転させる外資メーカーが相次いでいる。中国は世界中からメーカーを積極的に誘致し、自国の成長につなげてきたが、中国にとって外資メーカーは雇用の受け皿としても重要な役割を担ってきた。

 それゆえ、中国では外資メーカーの撤退について警戒すべきだという論調も少なからず存在する。中国メディアの今日頭条は23日、中国のなかでも特に製造業が集積していた「江蘇省蘇州市」を例に、蘇州から外資メーカーが撤退している理由を考察している。

 記事は、「中国製造業の都」と呼ばれる蘇州では「外資メーカーの大規模な撤退」が見られると伝え、この「大規模」という表現は決して誇張したものではないと紹介。外資メーカーの撤退に伴い、倒産したり、大規模なリストラなどを迫られたりする下請け企業も多いことを指摘し、ある突然仕事を失ってしまう人が続出していることを強調した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

何かとガマンすることの多い日。ストレスがたまりそうだけれど...もっと見る >