2018/01/25 09:28

痩せてしまった中国の土壌、日本のように肥やすには50年はかかる? いや、50年かけても無理かも=中国メディア 

中国人が観光等で訪日して、日本の果物の値段の高さに驚いている。中国メディアが、日本の農作物の品質の高さを「土壌」に求めて考察している。(イメージ写真提供:123RF)
中国人が観光等で訪日して、日本の果物の値段の高さに驚いている。中国メディアが、日本の農作物の品質の高さを「土壌」に求めて考察している。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・今日頭条は23日、「わが国の土壌に含まれる有機質の割合が日本に追いつくには、少なくとも50年は必要だ」とする記事を掲載した。

 記事は、「有機質の含有量は、土壌の肥沃さを示す重要な指標だ。有機質は土壌の養分の主な供給源であり、作物の生長を促すほか、土壌の汚染除去に役立つ。日本のリンゴ園における有機質の含有率は6.8%に達するとのことだが、これは非常に驚異的な数字だ。一方、中国国内の果樹園の有機質含有量は概ね1%以下である。1%あればなかなかのものであり、2%となるとほんの1つまみ程度なのだ」と紹介した。

 また、「毎年作物を育てるなかで、土壌の負荷を適切に保ちつつ、十分な有機肥料を加える、園内に草を生やす、一定の降水量がある、落葉や落果を土にかえすといった条件で、その土壌の有機質含有量は0.1%増える。すなわち、今の含有率が1%であれば、6.8%まで持っていくのに50年あまりかかるということだ」とし、日本と中国の「差」の大きさについて解説している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >