2018/01/25 14:12

中国で普及進む電気自動車、日本の専門家が「ガソリン車より二酸化炭素を出す」って言ってるぞ・・・=中国メディア 

中国は電気自動車大国として、世界での存在感を高めようとしている。(イメージ写真提供:123RF)
中国は電気自動車大国として、世界での存在感を高めようとしている。(イメージ写真提供:123RF)
 中国が積極的に進めている電気自動車の普及は、日本のメーカーも本格的に取り組み始めたことで、いよいよ世界的なトレンドとなりつつある。中国メディア・今日頭条は22日、「日本の専門家が、電気自動車のほうが化石燃料車より二酸化炭素の排出量が多いと言ってるぞ」とする記事を掲載した。

 記事は、「近年、新エネルギー車は非常にホットなコンセプトになっている。特に、電気自動車が現在最も発展している新エネ車と言えるだろう。電気自動車は走行中に何も排出しない。しかし、これは決して電気自動車が真の排ガスゼロを意味するわけではない」とした。

 そして、電気自動車について日本の専門家が以前「現在の技術では、純電気自動車の二酸化炭素排出量は必ずしも化石燃料車より少ないとは限らない。実は、電気自動車のエネルギー消費量は多く、二酸化炭素の排出量がより多い可能性がある」との見解を示したことを紹介している。

 また、「電気自動車を使用するに当たっては大量の電力を消費する。これらの電気の多くは火力発電に依存しているのが現状だ。火力発電の過程では大量の二酸化炭素を排出する。そして、古くなった電池がもたらす汚染の問題もあることから、現時点では電気自動車は決して環境保護になるわけではない」と説明した。

 記事は一方で、「われわれ中国において、現在大々的に電気自動車を普及させようとしているのは、われわれの国情と大いに関係がある。石油はいつか枯渇するが、電力の源となるものはさらに広がっていくのだ」としている。(編集担当:今関忠馬)(イメージ写真提供:123RF)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

素晴らしくカンがいい日。自分を信じて直感で行動しよう。なぜ...もっと見る >