2018/02/11 22:12

日本人が中国アニメを「ダメだ」と思う3つの理由=中国メディア

中国のアニメは、ここ2年ほどで大きな発展を遂げ、題材が豊富になり、商業化レベルも高まり、画風や特殊効果のレベルも高まっている。(イメージ写真提供:123RF)
中国のアニメは、ここ2年ほどで大きな発展を遂げ、題材が豊富になり、商業化レベルも高まり、画風や特殊効果のレベルも高まっている。(イメージ写真提供:123RF)
 かつては日本産のアニメが中国へ大量に輸出され、その逆はほぼないに等しい状況だったが、近年では中国オリジナルのアニメ作品が日本国内で放映されるケースも出てきた。ただ、その流れはまだ「本格進出」という領域には至っていないようである。中国メディア・東方網は9日、「日本人が中国のアニメを見下すのには、3つの理由がある」とする記事を掲載した。

 記事は「日本はわが国のアニメについて、なおも10年前のレベルに留まっているとの認識を持っている。実際はこの2年ほどでわが国のインターネットアニメはすでに大きな発展を遂げ、題材が豊富になり、商業化レベルも高まり、画風や特殊効果のレベルも高まっているのにだ。しかし、日本人が中国アニメを見下すのにはやはり理由があるのだ」としたうえで、その理由を3つ挙げて説明している。

 1つめは「アニメの産業体系が多分に幼稚であること」。「ここで言う幼稚は題材上の幼稚さではなく、アニメ産業体系のことだ。日本のアニメ産業は明確な分業制になっており、原作から最後のアテレコまで、標準化レベルが非常に高い。しかも、アニメ制作の歴史が長く、神レベルのアニメ会社や声優事務所が大量に存在する。この点では、中国はまだまだ何年も頑張らなくてはならない」とした。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

繊細な今日のあなた。詩を書いたり、絵を描いたり、芸術的活動...もっと見る >