2018/02/16 05:12

資源に乏しく、自然災害が頻発する日本の人たちが、中国人より10年長生きできる理由はどこにある?

WHOの統計で2015年の日本人の平均寿命が83.7歳、中国人が76.1歳だった。(イメージ写真提供:123RF)
WHOの統計で2015年の日本人の平均寿命が83.7歳、中国人が76.1歳だった。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・東方網は11日、「日本人はどうして中国人より10年長く生きられるのか 長寿の秘密はここにあった」とする記事を掲載した。理由として挙げられたのは、単に飲食の習慣だけではない、さまざまな要素だ。

 記事はまず、WHOの統計で2015年の日本人の平均寿命が83.7歳、中国人が76.1歳だったと紹介。「これは、日本人が中国人より10年近く長生きできるということを意味する。自然条件から見れば日本は決して住みやすい国ではない。それなのにどうして日本人はこんなに長生きできるのか」と疑問を提起。そのうえで、日本人が中国人よりも長生きできる理由として考えられる、さまざまな要素を挙げている。

 まずは、「充実した防災の取り組み」だ。日本では災害が頻発する一方で、自然災害による死傷者数が非常に多いわけではないと指摘。それは、充実した防災教育と防災措置のおかげであるとし、学校での防災訓練や地域の一時避難場所の存在、リアルタイムの警報体制や建物の耐震化推進といった点に触れた。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

言葉でうまく表現できない時は、黙っていた方がよさそう。でも...もっと見る >