2018/03/26 10:12

「神車」の生産を終了する日本の二輪車メーカー、中国は今もパクるだけ=中国メディア

日本メーカーが過去のモデルの生産を終了する背後には、排出ガス基準の強化規制といった要因があり、惜しまれつつ「致し方なく」生産を終了している。(イメージ写真提供:123RF)
日本メーカーが過去のモデルの生産を終了する背後には、排出ガス基準の強化規制といった要因があり、惜しまれつつ「致し方なく」生産を終了している。(イメージ写真提供:123RF)
 中国には非常に多くの二輪車メーカーが存在するが、中国メーカーが生産する二輪車は「どこかで見たことがある」外観をしていることが多い。中国メディアの快資訊は23日、中国には日本メーカーの二輪車のパクリが大量に存在すると紹介し、日本メーカーはすでに生産を終了した二輪車を中国メーカーは今なおパクリ続けていると伝えている。

 記事は、中国メーカーが生産・販売する二輪車には「多かれ少なかれパクリの痕跡が見られる」と伝え、なかには完全なるパクリとしか言いようのないものもあると紹介。一方、日本の二輪車メーカーは「神車とも呼ぶべき優れた車種の生産を相次いで終了しているが、それでも中国メーカーは日本の神車のパクリを続けている」と論じた。

 続けて、日本メーカーが過去のモデルの生産を終了する背後には、排出ガス基準の強化規制といった要因があると伝え、惜しまれつつ「致し方なく」生産を終了しているのだと主張。また、日本メーカーが生産を終了した「神車」は中国メーカーの手で継承されるのかといえば、中国メーカーがパクっているのはせいぜい「外観」だけであり、エンジン性能などはまったく模倣できていないと指摘した。

 さらに記事は、日本企業は「神車とも呼ぶべき優れた二輪車を生産終了とするのはあまりに勿体無い」とし、巨大な市場がありながらも優れた二輪車を生産できない中国で販売するのが良策であり、「中国企業に生産ライセンスを売ってくれれば良いのに」と伝えている。(編集担当:村山健二)(イメージ写真提供:123RF)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

プライベート運が好調。ホームパーティーを開いて仲間を招くと...もっと見る >