2018/04/03 12:12

日本人特有の、飲み会の後の「シメ文化」っていったい何?=中国メディア

中国メディアが、お酒を飲んだ後の「シメ料理」について紹介した。(イメージ写真提供:123RF)
中国メディアが、お酒を飲んだ後の「シメ料理」について紹介した。(イメージ写真提供:123RF)
 気の合う仲間との飲み会ほど楽しいものはない。そしてまた、大いに飲み食いした後、帰り際に食べるシメのラーメンの味がこれ以上ないほどうまい。中国メディア・今日頭条は2日、日本の飲酒文化に付随する「シメの文化」について紹介する記事を掲載した。

 記事は、「日本の居酒屋で飲み食いすると、お腹いっぱいになったと感じないことがあるかもしれない。なぜなら、日本人が居酒屋に行く目的は『お腹いっぱい食べること』ではなく、『酒を飲みながらおしゃべりすること』だからだ。そして、夜が深まりお開きの時間が近づいてくると『そろそろシメを食べて帰ろうか』ということになるのだ」と紹介した。

 そのうえで、シメ料理について、「例えば、鍋を食べた後にご飯を入れて雑炊にするのもそう。日本各地にはそれぞれ特色ある『シメの料理』文化が存在する」とし、各地を代表する「シメ料理」を挙げた。

 まず、沖縄については「油こってりの、夜中に食べたら罪悪感を覚えそうな一方で、非常にリッチな気分になれそうな、ステーキが定番のシメ料理だ。那覇市は特にステーキの激戦区であり、深夜営業をするステーキ店も多い」と紹介した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >