2018/04/06 19:36

中国のモバイル決済2巨頭の市場シェアは計92.41%、Alipayが54%超

Analysys易観によると、2017年第4四半期のモバイル決済総額は、約37.8兆元(642.6兆円)に達し、前年同期比27.19%増になった。(イメージ写真提供:123RF)
Analysys易観によると、2017年第4四半期のモバイル決済総額は、約37.8兆元(642.6兆円)に達し、前年同期比27.19%増になった。(イメージ写真提供:123RF)
 アント フィナンシャル サービス グループが提供するAlipayは、中国国内のモバイル決済市場で2017年第4四半期において54.26%のシェアを占めた。2位のテンセント・ファイナンスが提供するWeChatpayのシェアは38.15%となり、両社の合計で92.41%を占める。中国のリサーチ会社Analysys易観のレポート「中国モバイル決済市場モニタリング報告書2017年第4四半期」の調査結果に基づいて、アント フィナンシャル サービス グループが発表した。

 Analysys易観によると、2017年第4四半期のモバイル決済総額は、約37.8兆元(642.6兆円)に達し、前年同期比27.19%増。Alipayのシェアは、2017年年初の53.7%から1年間で0.56ポイント拡大し、第2位とのシェア率の差を16.11ポイントにまで広げている。

 Alipayは、アクティブユーザー数5.2億人を超え、中国国内4000万店舗以上の加盟店で利用可能。海外でも40の国と地域で導入が進み、日本でも既に4万店以上が導入している。アント フィナンシャル ジャパン代表執行役員CEOの香山誠氏は、「先日、ニールセンが発表したレポートにおいても、9割を超える中国の観光客が、『海外でモバイル決済が利用できれば、購買意欲がさらに高まる』と回答しています。その期待に応えるため、日本でもAlipayをご利用いただけるシーンを一層拡大できるよう取り組んでまいります」とコメントしている。(イメージ写真提供:123RF)

今日の運勢

おひつじ座

全体運

友達とのオシャベリが楽しい。お勧めのショップや面白いTVな...もっと見る >