2018/04/09 16:12

日本の小学生と中国の小学生、幸せなのはいったいどっちだ?=中国メディア

日本では、小学生が自力で通学することが当たり前になっているが、中国では親が送り迎えすることが一般的だ。(イメージ写真提供:123RF)
日本では、小学生が自力で通学することが当たり前になっているが、中国では親が送り迎えすることが一般的だ。(イメージ写真提供:123RF)
 中国メディア・今日頭条は8日、「日本の小学生に比べて、中国の小学生はとても幸せだ」とする記事を掲載した。

 記事は、「日本では通学時間に、小学生の集団が道を歩いていくのを日常的に見かける。しかも、保護者や教員が全く付き添わないのだ。なぜなら、日本では小学生が自力で通学することが暗黙の了解になっており、小さい頃からそれが習慣になっているからだ。しかも、学年が大きくなると、下級生たちをリードして通学するようになる。そうすることで時間通りに学校に到着できるうえ、安全確保にもつながるのだ」と説明した。

 また、「日本の教育において、子どもたちが自力で通学するのは、独立への第一歩だと認識している。それゆえ、保護者も自力による通学を非常にサポートするのだ。しかも、学校が遠い場合は1人で電車やバスに乗っていく。そして、教科書や上履き、水着など、日本の小学生が学校に持っていく荷物はとても重いのだ」解説している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

オイシイ物を食べたり、いい音楽を聴いたり、五感が満足するプ...もっと見る >