2018/04/12 22:12

これは便利で良い設計だ! 日本の家の「玄関」は良く出来ている=中国メディア

近年、中国では「玄関」のデザインに重きを置く人が増えているようで、仏教のお経を飾ったり、絨毯を敷いたり下駄箱を置くなど装飾性と実用性を考慮するようになってきている。そんな中国人の目に留まった日本の「玄関」の優れた点とは?(イメージ写真提供:123RF)
近年、中国では「玄関」のデザインに重きを置く人が増えているようで、仏教のお経を飾ったり、絨毯を敷いたり下駄箱を置くなど装飾性と実用性を考慮するようになってきている。そんな中国人の目に留まった日本の「玄関」の優れた点とは?(イメージ写真提供:123RF)
 中国では男性が家を所有しているかどうかが結婚相手として相応しいかを判断する条件の1つとされている。この事実からも、いかに中国人が家という存在を重要視しているかが分かるだろう。また、こうした環境からか、中国人は家に対して強い関心を示す傾向にある。中国メディア天天快報は9日、日本の住宅に見られる「独特の設計」に着目し、紹介する記事を掲載した。

 中国と日本の住宅事情には相違があり、中国の多くの住宅はマンションタイプで一般的にコンクリート打ちっ放しの状態で購入時し、後に自身で業者を探し、「床、壁、ドア、窓」などのあらゆる内装を自分で決定しなければならない。それゆえ設計の素人が、さながら現場監督のように何度も改装に立会い、進行具合を確認するなど多大な労力が求められる。

 また、記事によると近年は「玄関」のデザインに重きを置く中国人も増えているようで、仏教のお経を飾ったり、絨毯を敷いたり下駄箱を置くなど装飾性と実用性を考慮するようになってきているようだ。記事は日本の玄関を独特の設計として紹介し、中国人にとって参考にできる点があると指摘している。日本独特の設計というのは「靴を脱ぐための土間と、そこから一段高くなった上がり框(あがりかまち)」のことで、靴を脱ぐ習慣のない中国の多くの住居には見られない設計と言える。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >