2018/04/13 16:12

ロボットの社会進出で最も失業率が高くなる国、男女ともに1位は日本だった=中国メディア

AI(人工知能)やロボットが発展すると、現在の職業の一部はロボットに代替されることになる。中国メディアは調査機関のレポートを引用し、自動化による失業率が最も高くなるのは日本だと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)
AI(人工知能)やロボットが発展すると、現在の職業の一部はロボットに代替されることになる。中国メディアは調査機関のレポートを引用し、自動化による失業率が最も高くなるのは日本だと伝えた。(イメージ写真提供:123RF)
 21世紀はロボットの世紀。製造業のみならずサービス業やわれわれの日常生活においてもロボットが活躍する場が増えている。ロボットは人びとの生活を便利にするが、同時にこれまで人間が従事してきた仕事の数々を奪い、失業者が増える可能性を指摘する声もある。

 中国メディア・東方網は12日、ロボットや人工知能(AI)による失業率が最も高いのは日本であるとする記事を掲載した。

 記事は、「昨年7月の世界女性ベンチャー大会にて、中国企業・アリババのジャック・マーCEOが『AIの時代、男性はよりロボットに取って代わられることになる』と発言した。この話を聞いて、私たちにチャンスが巡って来ると思った女性も多いのではないだろうか。しかし、最近の海外での研究では、そうはならないことが示された」とした。

 そのうえで、Website Builder Expert (WBE)が発表した、経済協力開発機構(OECD)加盟国における「自動化による失業率ワースト10」ランキングを紹介している。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

スッキリしない出来事が多く落ち着かない日。悩むよりも、音楽...もっと見る >