2018/04/16 15:12

どうして日本人は、マンホールの蓋に「絵」を描き始めたのか=中国メディア 

中国では、日本のマンホールの蓋に様々なデザインがあることが注目されている。(イメージ写真提供:123RF)
中国では、日本のマンホールの蓋に様々なデザインがあることが注目されている。(イメージ写真提供:123RF)
 四川省の大学のキャンパスではこのほど、中国の発展ぶりをマンホールの蓋の上で表現するマンホールアートのイベントが開かれたという。イベントは今年で3回目とのことだが、マンホールの蓋に絵を描くという発想のヒントになったのは、おそらく中国でも話題になった日本の「ご当地マンホール」だろう。

 中国メディア・36Krは、「日本では、どのようにしてマンホールの蓋の文化が起こったのか」とする記事を掲載した。

 記事は、「普段、地面に敷設されているマンホールの蓋が人の注意を引くことはほとんどない。ましてや、マンホールの蓋と『文化』を結び付けることは難しいだろう。しかし日本では、マンホールの蓋が都市の名刺代わりになっており、都市文化の一部分と化しているのだ」と説明。日本にある約1780の自治体のうち95%が独自のデザインの蓋を使用しており、その半数以上が地元のシンボルである草花や樹木のデザインを採用し、他にも動物、著名スポット、物語などが題材に用いられていると紹介した。

今日の運勢

おひつじ座

全体運

ゆったり気分でノンビリ過ごせそう。仕事はさっさと切り上げて...もっと見る >